Warwick MBA by Distance Learning修学日記

英国University of Warwick(ウォーリック大学)の経営大学院Warwick Business School MBA by Distance Learning コースについて、勉強の日々を綴ります。

Organization Behavior (OB)

OBとEBEの結果

OBEBEの最終アセスメントの結果についても帰ってきた。


OB
については平均点も開示されていて、僕は平均点をやや上回って無事合格。教授のフィードバックでは、僕が参加している20141月入学クラスは、過去と比べて平均点が結構高かったらしく、教授としてもご満悦らしい。確かに過去数年の平均点も開示されたのだけど、低い年では、僕のクラスよりも10点近く低い平均点のときもある。そんな平均点の高いクラスで平均点を上回ったのだからこれは満足していいのだろう。上を見ればきりはないのだけど、自分より優秀な人間がたくさんいる環境でディスカッションを通じた勉強ができて幸せだということだ。


EBE
については、最終アセスメントは自分でもびっくりするぐらい、かなり良かった。これまたクラスの平均点もかなり高めだったけど、僕の点数は結構な上位ではないかな。EBEは僕が有名になってしまった科目なので、面目躍如でほっとしているというのが感想。中間アセスメントがそれほどよくなかったけど、それを吹き飛ばして総合成績も十分に上位に位置している。これは素晴らしい。


そんなわけで今日から1週間夏休みに入ります。夏休み前に無事1学期の合格を確認できて、しかも想像を超えていい結果だったので、晴れ晴れと休みを満喫できそうだ。MBAをやっていると休みなんかないんじゃないのと思われるかもしれないけど、そんなことはない。特にディスタンスラーニングでは自分で時間管理をして時間を作ることも求められているのだ。ちなみに夏休みはどこに行こうかいろいろ考えたけど、今回は、地元の湘南を満喫することにしました。お泊りはなしで、近場でエンジョイします。

 

論文の提出

OBEBEの論文を提出しました!これでFirst Semesterはすべて終了。あとは結果が帰ってくるのを待つばかり。4週間程度かかるらしい。さらに厳密にいうと、イギリス式のグレードは、Committeeの承認が必要らしく、11月に開かれるCommitteeで承認を受けるまでは仮のグレードということになるらしい。まあ、ここでひっくり返されることはめったにないらしいけど、ギリギリでパスした人はずっと落ち着かない日々を過ごすことになる。


僕の手ごたえはというと、なんとかパスできるレベルまでは持って行ったのではないか、という感じかな。大学院の単位は資格試験と違って成績がつくので、Distinctionがほしいとなると際限なく頑張るってことに陥りがちだけど、幸か不幸か、僕は全く手が届いていないので、そのプレッシャーがないのは気楽。学力的もそうだし、そもそも英語力で無理。特にOBは論文の構成力、英語の適切性まで厳密に求められるので、非常に厳しい結果が待っているだろう。でもまあ、この程度あればパスできるかなって思ったらそこで終了しちゃえるから、高みを目指している人よりは気楽だ。割り切りが肝心だ。


論文は、それぞれ締切の1日前に出した。ギリギリまで粘ろうという根気もないし、粘っても、その日寝て会社に行ったら実質5時間くらいしか追加できない。それで提出当日にPCが壊れていたら新しく買いに行く時間もないし、リスクが大きい。安全な方、というか楽な方かも、に重点を置いてみました。なんとか単位ください!

Endnote

大学院で各科目、論文を書くにあたって、参考文献管理ソフトが必要になってくる。もちろん、そんなシステムを使わなくても、自分が引用した文献をひとつひとつしっかりとリストに書けばいいんだけど、引用が大量になってくると間に合わなくなってくる。今やっているOBとかそういったモジュールごとのアセスメントの論文であれば、引用は最低12といわれているので、20くらいまでならまあ、手書きでもいいような気もする。でも最後の修士論文になると引用も膨大になる(はず)ので、ソフトウェアを使ったほうがさすがにいいだろう。ということで今からその扱いに慣れるべく、僕が苦労して少しずつ使い方を勉強しているのがEndnoteだ。これはソフトウェアとしても単体で販売されているけど、WBSの学生は、WEB版を大学図書館経由で利用できる。


論文を書くべく、大学の図書館とかGoogle Scholarとかで検索して論文を検索して、わかったんだけど、世の中には論文検索ページとかがいっぱいある。それもwbsの学生だと大学図書館経由で使えるものが多い。で、それを開くと、論文の詳細が出てくるので、そのページのExportをクリックして、RIS形式で保存(これが重要らしい)して、今後はEndnoteのページでそのファイルをImportすると、自分の引用文献リストを作ってくれる。表記の仕方も、WBSが採用しているHarvard以外にも様々対応していて、数クリックするだけでほかの引用フォーマットに変換してくれるらしい。世界中で論文を発表する博士の方々にはこの機能も大変重宝するらしい。


そんなわけで僕もまずOBの論文から使ってみました。

 

 

Network

昨日はSNSの話だったので、今日はそれ以外のリアルなネットワークの話。SNSに限らず、会社などの正式な組織の一員というほかに、皆それぞれでネットワークを構築している。社内での同期というのは、日本人的には一番馴染みの深いネットワークかもしれない。転職組みの僕には同期がいないのが寂しい限りだ。社内で仲良くしゃべる人がいないな。。。


そのほかにも社内では、同じ大学の仲間出身ということで派閥ができたり、同じ方面に住んでいていつも馴染みの飲み屋が同じ仲間ってのもあるかもしれない。でもネットワークは社内の限らず、クラブ活動であったり、町内会ってのもある。僕の場合は中小企業診断上の仲間って言うネットワークはある。こういったネットワークは、組織として明確に役割分散されているわけではないけど、仕事をする上で結構重要だったりする。職場でのネットワークは、なにかわからないことがあったら聞けるというメリットもあるし、それが案件を進める上でキーパーソンならさらに仕事が進めやすくなる。職場の外のネットワークも新たな知見に触れたり、新しい仕事を取ってくるのに役に立つ場合もある。起業したいと思えば、ネットワークを広げたいと思うものだ。そういった観点から産業クラスタなんてものはできていて、ITは六本木に集まるとか、鯖江にはめがね職人が集まるっていうのも、このネットワークの利点をうまく使っている例だ。


改めて組織論でネットワークを学ぶと、最近の自分はまったくネットワークの活動をしていないなと考えた。たまには大学時代の友人や前職の同期、中小企業診断士の仲間とのみにでも行きたくなってきた。

 

SNS

ちょっと前くらいから、ソーシャルネットワークがメジャーになって、中東のアラブの春でも、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルネットワークが革命に大きな役割を果たしたなんて言われている。しかしOBの観点から、ソーシャルネットワークの利点と欠点の面白いコラムを読んだ。


SNS
のよい点は、拡散が容易であることだ。ただ、これは多くの若者の運動へのモチベーションをあげることに貢献して革命を成功に導いたわけではない。むしろモチベーションがたいしてあがっていなくても簡単に運動に参加できるという点で革命を後押ししたということだ。昔は革命を起こすとか社会的なムーブメントを巻き起こすとなると大変な犠牲を覚悟しなければならないし、それは自分の命までもかけてやるものでもあった。一方でSNSのおかげで、人々はあったことがない人と簡単にコンタクトを取れるようになり、運動への賛同の署名もフェイスブックでいいね!を押すくらい簡単なことだ。だから多くの数を集めるということは簡単になる一方で、その組織は非常にルーズで、複雑な同意形成をすることはできない。例えば、昔アメリカであったキング牧師の指導の下行われたモンゴメリーバスボイコット事件などはリーダーや役割分担された組織なくして実現不可能な運動だ。


SNS
で集まった集団が常に、伝統的な集団よりも優れているってことはないのだ。複雑な同意形成は一人のリーダーの下、中央集権的になされるのが効率的であるし、危険な任務に挑むには上下関係の厳しい軍隊組織が優れている。SNSで集まった集団では、一時的な熱狂の中で単純な目標のためになされた同意に短期間で突き進むことくらいしかできないだろう。そう考えると、現状のエジプトの混乱も納得的だ。ムバラク政権打倒という単純な目的では一致できても、それ以上のつながりも複雑な統治機構の合意は不可能だから、その後の政権運営では混乱するということだ。


SNS
を含めさまざまなツールはそれぞれ使いようがある。強い組織を作るには流行に乗るだけではだめで、本質を見抜かねばならない。
ギャラリー
  • Warwick Week 3 帰国日
  • Warwick Week 3 三日目
  • Warwick Week 3 二日目
  • Warwick Week 3 初日
  • ENVC 5日目
  • ENVC 4日目
  • ENVC3日目
  • ENVC 2日目
  • ENVC 1日目
プロフィール

boosterbrain