前回、無事に修士論文を通過したとブログで報告してからずいぶん経ったけど、11月に予定されていた成績を確定させるコミッティも無事に終了し、成績と学位が確定したとの連絡が、卒業セレモニーの案内とともにメールできた。

卒業セレモニーは、Warwickは年2回、数日間にまたがって全大学のいろんな人向けにまとめて開催されるのだけど、WBSのMBAコースについては、1月19日の午前、ということだった。さらに案内を読むと当日のスケジュールの流れも記載されていて、ローブをここで受け取って、式に参加して、写真撮影して、帽子投げて、ローブは何時に返却、みたいなことも書いてあって、テレビでよく見る憧れのシーンを髣髴させて、ぜひ参加したい、という思いも強まる。でも、いろいろ悩んだ末、卒業セレモニーは欠席して学位証は郵送でもらうことにした。欠席にした理由は主に、

1月はイギリスを観光するにはいまいちな季節だ。
ひとりで卒業式に参加というのも寂しい。
そもそも僕の入学クラスの卒業時期の本丸は2017年7月で、今回の卒業式に参加する人は知らない人が多い。
おまけにスタディグループの友人はみんな修士論文提出をdeferしたとかいって、卒業がさらに半年から1年延びるらしい。

ということで、寂しい季節に一人でぽつんと参加してもなぁ、ということになる。

来年の7月に延期するプランも考えたけど、グループの友人は7月にも間に合いそうにないし。セレモニー延期のチャンスも1回きりらしいので、なら学位をなるべく早くもらうに越したことはないかな、という結論になったのだ。本当は、このブログも最後に卒業式の写真を載せて終わるのが格好良かったかなということもあるのだけど、まあ仕方ない。

ということで卒業式のレポートはありませんが、学位は来年の2月頃には届くのではないかと期待しております。