MBAなんてものに興味がある人にとって、将来は海外勤務をしてみたいと思っている人も多いと思う。NYやロンドンのような先進国で働く希望がある人もいれば、東南アジアやインドのような活気あふれる国で働きたいと考える人もいるだろうし、希望はそれぞれだと思うけど、現実問題、海外勤務は楽しいことだけではなく、大変な苦労もあると思う。そしてそれは赴任する人や家族だけにとどまらず、企業にとっても言える。多国籍企業にとつてグローバルな人事管理は頭の痛い問題だ。英語が苦手な日本企業が多く抱える問題かと思っていたけど、テキストを読むと海外企業も同様な問題を抱えているらしい。


まずは言葉の問題。英語を勉強していると、英語で苦労しないレベルになりたい、と思うものの、生まれ育っての環境で第二言語を身につけた完壁なバイリンガル以外、そのレベルに達するのは難しそうだ。第二言語でのビジネスは、実際問題、会社も、赴任者もストレスを感じることは避けがたい。


そうなると、現地のことはなるべき現地人を登用して任せよう、となって行く企業が多いけど、発展途上国ではなかなか人材不足となるし、先進国で給料がとても高いってことになる。現地採用者を日本でも数年勤務させて企業カルチャーや経営を学ばせて現地に戻すつてこともありがちな施策だけど、一度日本に連れてくると、日本人並みの給料で待遇しなれければならないし、そうすると戻るときもその処遇になってコストが上がるとともに、他の現地採用者との格差が広がって溝が生まれることもある。


日本人の海外赴任者にしても同様で、日本にいるとき比べてかなり処遇がよくなるものだ。そうすると、赴任した直後は現地の水に合わないという悩みがあるのに対して、今度は帰ってくると、満員電車が耐えがたいとか、現地では大統領主催の晩さん会に出ていたのに、冴えないサラリーマンに戻ったとか、急につまらなく感じたりすることもある。家族もいつの間にか現地になじんで、帰ってこなかったりする。基本的に企業は帰ってくる赴任者へのフォローは乏しい。


こんな感じで、日本人海外駐在者へのフォローとコスト、外国人幹部のフォローとコスト、とそれぞれ違うので難しい。