最後はCFの結果について。こちらも点数的にはまずまず。ランキング的には中の上と言ったところかな。しかし、ファイナンス系や数学系の科目は英語の正確性をあまり求められない傾向があるので、あわよくば高得点をゲットできないかと期待したので、その期待通りにいかなかったのは残念。


フィードバックをみると、1点、フィナンシャルレバレッジのところで不正確、との指摘があった。読んでみると、指摘を受けていることは理解していたので、説明の仕方が下手で正確に説明できていなかったようだ。確かにここのところはどう記載するか迷った挙句に書いた個所なので、書いている途中で多少ぶれたところではある。ここが不正確として大幅に減点を食らった個所のようだ。


一方、全体の構成や全体的な理解は問題ないという評価で、特に最適資本構成の個所で、Financial Flexibilityについて分析したところはExceptionalとの評価だった。この個所は確かに、銀行での実務で感じたことをセオリーにプラスしながら工夫して書いたのでうれしい。まあ、得点自体はあんまり高望しても仕方ないかな。


これでSemester 33科目いずれもパスできたので、これ以上望むのは贅沢というものだけど、実は、過去の3つのセメスターのうち、今回のSemester 3が一番成績が良かった。


選択科目で自分の興味あるものを取っているので、そうなのかもしれないけど、成績がいいっていうのはやっぱり気分いいものだ。この調子でSemester 4も頑張ろう。