OMの試験は3時間のクローズドブックの手書き試験だ。試験問題は3間なのだけど、内1問は必須の問題、後の2間を4間の中から選択する。選択できる範囲は4間中2問なので、選択の幅が限られており、苦手分野を避けて2間をうまく選ぶことができない可能性が高い。苦手分野のつぶしこみが重要だろう。

といいつつ、OMはいまだに苦手意識が強い。様々な課題を解いてもどうもすらすらと書けない。


1
間目の必須問題はミニケースだ。試験時間中にケース読まないといけないので、書く時間はさらに厳しい。ただしこれは必須問題なので、たぶん、問題パターンは網羅的なものだろう。OMの基本的なPerformance Objectives4V分析などをしていくパターンが出来上がっているので、まだ準備しやすい。

問題は残り 2問だ。これは結構細かな知識をしっかりと身につけていないと解けないような問題が出そうだ。特に具体例は絶対必要なので、製造業、サービス業それぞれで具体例をあげる会社を予めピックアップしておこう。
僕が勝手に想定している問題は以下のようなものなので、それについては回答を考えておこう。

・最適な在庫管理するためのRe order point controlMRPCompare and contrastしながら具体例を出して論ぜよ。

Gap model及びSPCのコンセプトを説明したうえ、これらの手法がQuality managementにどのように資するか具体例を出して論ぜよ。

・受注が不安定な業界のCapacity managementについて説明せよ。

・さまざまな生産方式の強み弱みについてcompare and contrastしながら具体例を出して論ぜよ。

Product and process designを評価する具体的なツールについて説明し、具体例を出してどのようにツールを使用できるか説明せよ。

A社とB社のサプライチェーンマネジメントについてCompare and contrastして分析し、その違いが生じる理由を説明せよ。

・顧客の待ち時間解消と待ち時間解消のために必要な施策を述べよ。
lean synchronizationのメリットデメリットについて具体例をあげて論ぜよ。
・改善のフレームワークとしてFMEAのメリットデメリットについて具体例をあげて論ぜよ。


重要な点はすべての科目に共通するけど、Critical reviewだ。一方的な一つの説だけに依拠してつらつらと述べるのではだめで、その理論やツールの弱点や限界についても必ず触れることが重要だ。自らの弱みと限界を知らずしてそのツールを使いこなせているとは言えないということだろう。準備が多すぎてパンクしそう。。。