Warwick MBA by Distance Learning修学日記

英国University of Warwick(ウォーリック大学)の経営大学院Warwick Business School MBA by Distance Learning コースについて、勉強の日々を綴ります。

MCの結果

最後のアカデミックモジュールだったMCの結果が帰ってきた。スコアは予想通りかなり悪い。というか最後のアカデミックモジュールだったのに、今までで一番スコアが悪い、という格好の悪さだ。

当初から、前期の成績分布が他のモジュールと比べて、極端に悪いモジュールだったので、とったことを後悔しつつ成績を予想していたのだけど、今回の成績分布を見ると、前期ほど悪くない。つまり単に僕の論文のできが悪かっただけということで、あまり言い訳出来ない。

ただPDと同時期だったので、あまり集中できずに、提出も締め切りよりもだいぶ前に出すなど、そういった取組姿勢がやっぱり論文の出来に影響しているようだ。

しかし、単位を落としたわけではない。この際これでよしとしよう。後は修士論文だけだと明確になったわけだし。落としていたら卒業が伸びる危機だったので、最悪の事態は免れた。

この結果は忘れて修士論文に集中しよう。

PDフィードバック

PDのドラフトについて、指導教授からコメントが帰ってきた。夏休み終了とともにコメントをもらうのは予定通りだ。

これでパスできるとかコメントがあればいいのだけど、冒頭から、
パスできるかどうかをコメントすることは許されていないよ、
とのことでどの程度の評価かはわからない。コメントは主にストラクチャーについてで、もっと分かりやすく、もっとアカデミックに、もっと綺麗に、ということだ。ただストラクチャーは難しい。ヒントとして全体テーマのサブクエスチョンを作ってそれに順に答えながら全体の問いに答えるというのが良さそうなので、テーマにあったインディケーターになる問いを考えねば。

集めた情報についてはそれなりの評価のようで論文を仕上げる題材は揃っているようだ、とのコメントがあった。なので、やっぱりストラクチャーのようだ。

後は英語の正確性、略語のリスト作れ、図が小さすぎて読めないとかの体裁。

ストラクチャーを変えると大きな変更点が多いし、まだまだ完成には時間がかかったかかりそうだ。英文添削もしろってことだったで、どこか有料サービスでも利用したいと思うのだけど、いいところ知っている人がいましたら教えてください。

後3週間頑張ります!

PDの最終ドラフトを提出

先ほど、修士論文の最終ドラフトを提出した。PDの流れとして、最終提出の前に、一度だけセミファイナル版を指導教授に提出して、フィードバックを受けることができる。ここで提出前の事前チェックをしてもらって、まあ、Passできそうだ、という感触をもらって提出、という運びになる。


というわけなので、最終締め切りは81日とはいえ、ある程度の完成形で提出しないと意味がない。一方で、ここで根本的なダメ出しを食らうと、フィードバックを受け取れるのは約2週間後なので、そこから位置から創り始めるのは非常に厳しい。理想としては、ほぼ完成していて、おおむねPassは問題なさそうだ、という評価を受けつつ、細かな個所について、ここはこうしたほうがいいとか、この文章はいまいち意味わからない、この箇所は論理の流れが不十分、みたいなコメントをもらえればいいのだけど。


不安なのは、指導教授が、論文ドラフトにコメントするのは今回の一度きり、という基本方針をしっかりと遵守しているようで、毎月やっているテレカンでは、僕が一方的に送りつけているメモにはほとんどコメントをしていないことだ。僕の論文はこのメモを土台に作り上げてきたので、ここがダメだと、今回のセミファイナルも厳しいだろう。ただ、さすがにメモがダメダメだと、コメントが出るだろうから、方向性としては、大丈夫と思ってくれているのだろうと勝手に解釈している。自分で読み返してもそれなりに読める文章になってきたし、基本コンセプト、検証の仕方もそれなりに悪くないのではないかとは思っている。これもアンケートに答えてくださった皆さんのおかげです。あの分析が結構効いている。


フィードバックを受けるまでのこれから2週間はちょっとリフレッシュ。7月中旬から再稼働して、7月末までに一気に完成させる予定。

ギャラリー
  • Warwick Week 3 帰国日
  • Warwick Week 3 三日目
  • Warwick Week 3 二日目
  • Warwick Week 3 初日
  • ENVC 5日目
  • ENVC 4日目
  • ENVC3日目
  • ENVC 2日目
  • ENVC 1日目
プロフィール

boosterbrain