Warwick MBA by Distance Learning修学日記

英国University of Warwick(ウォーリック大学)の経営大学院Warwick Business School MBA by Distance Learning コースについて、勉強の日々を綴ります。

Distance Learning (DL)とは

Distanse Learningって要するに単なる通信教育でしょ?と言われるのもなんなので、説明。僕自身は、通信教育っていうより、大学の新しい履修形態だと思っている。

インターネットの普及により、オンキャンパスと同水準できるオンラインの科目や講義などもあると思う。たとえば、オンラインで大学の授業を公開するケースはどんどん増えている。有名なところではスタンフォード大学がオンラインで授業を公開しているし、そのほかちょっとYou tubeで検索するとわんさか出てくる。こんな時代なので、僕も大学の授業って大部分はネットでいいんじゃない?と思っていた調べたところ行き着いたのがDistance LearningDL)だ。結構有名なMBADLを提供していて、結構興味深い。


どのようにカリキュラムを構成するかは大学によって違いがあって、完全にオンラインだけで大学に行かず終了できるって大学もあれば、オンキャンパスも必須という大学もある。志望校を選ぶ過程で調べていく中で面白そうだったのは、例えば、米国のデューク大学のDLCross Continent MBAという名称で行われており、このコースなど普段はオンラインで講義などを受けながら学期ごとに2週間程度世界中を転々としてオンキャンパスで授業を受けるらしい。例えば、1学期目は米国、2学期目は上海、3学期目はドバイ、4学期目はインド、5学期目はロシア、6学期目はまた米国、という風に。こうなるとなんかフルタイムのMBAよりも、面白そうで、かつ仕事もしながらだからかなりの充実振りではないかと思えてしまう。こんな感じで各大学のDLを調べていくうちに、「たかが通信教育でしょ」とはとても思えない素晴らしいプログラムを提供している大学が多くあり、受講する価値ありと思うようになったのだ。


ちなみに、WBSの場合は、オンキャンパスも必修として組み入れられている。Warwick Weekという名前のイベントがあり、1週間の集中コースを3年間で3回受けるらしい。その他選択科目でもオンキャンパスの必修があって、選択科目のオンキャンパスが世界各地で行われている。ぱっと見た限りはドバイやローマ、シンガポールなどなど。一方、オンラインの進め方は実際に始まって見ないとわからないけど、たぶん、オンラインで授業見て、コメント投稿したりして議論を進めたり、場合によってはライブで参加してディスカッションって感じだろう。またWBSでは、DLもフルタイムも教育水準はまったく等しく学位もまったく同じMBAが授与される。DLだと学位が微妙に異なる大学も多いけど、これはWBSDLの品質に自信を持っている現われだろう。


 

Warwick Business School (ウォーリックビジネススクール)とは

warwick-business-school-notext


僕が入学予定なのは、イギリスのUniversity of Warwick(ウォーリック大学)の経営大学院Warwick Business SchoolWBS)のMBA by Distance Learningコースなので、今回は、WBSの紹介をしたい。といってもまだ入学前で、知り合いもいなかったので(しかし、このブログを見てくれた在学中の方がさっそくTwitterで連絡くれました。感謝。やはりネットは威力ある。)、とりあえず、僕自身がネットでどんな大学かを調べた範囲で、だけど。


まず、WBSの母体であるUniversity of Warwickは日本語ではウォーリック大学と訳されることが多い。1965年設立の総合大学でロンドンから電車で約1時間半のコベントリーにある。
若い大学だけど、大学自体の評価は高く、総合大学としては、日本でも有名なオックスフォード大学やケンブリッジ大学に次ぐレベルという評価もあるらしい。日本のイメージだと東大京大の次という感じで早慶か旧地方帝大って感じかな。


WBS
は、修士課程のはかに博士課程もあり、MBAもフルタイム、エクゼクティブ、そしてDistance Learningと幅広く提供している。WBSMBAは、いわゆるトリプルクラウン(MBAの品質を認証する主要な3つの機関(EQUISAMBAAACSB)すべてから認証されていること)であり、その評価は、FinancialTimesによると、イギリスでは、ロンドンビジネススクール、オックスフォードに次いで第3位、ヨーロッパで第13位となっている。得意分野は運営管理、戦略、マーケテイングなどで、概ねトップレベルの評価を受けているようだ。


Distance Learning
DL)は年2回入学を受け付けていて、1月入学と7月入学がある。セメスター制(2学期制)をとっていて、全部で5セメスター、最短で2年半でMBAを取得できる。DLは社会人向けで、カリキュラムの柔軟性も売りなので、人によってはもっと時間をかけてもいいという柔軟性もある。そしてDLは時間を取れない社会人向けなので平均年齢が高い。WBSの場合、平均で37才ぐらいらしい。

はじめに

ntf_305_2


2014
1月からイギリスのコベントリーにあるUniversity of Warwick(ウォーリック大学)の経営大学院 Warwick Business SchoolWBS)のMBA by Distance Learningコースヘ入学しようと思いまして、ブログ開設してみました。

勉強の復習もかねてブログに勉強したことを書いていくとともに、このコースのことも紹介して、海外の大学に興味のある方々に有用な情報を提供することで日本のグローバル化に責献したいとも思っております。

MBA
留学生のブログは数多くありますが、Distance Learningは日本ではまだあまりメジャーでもなく、ブログも少ないと思うので、なにかのヒントになれば幸いです。

 


 


ギャラリー
  • Warwick Week 3 帰国日
  • Warwick Week 3 三日目
  • Warwick Week 3 二日目
  • Warwick Week 3 初日
  • ENVC 5日目
  • ENVC 4日目
  • ENVC3日目
  • ENVC 2日目
  • ENVC 1日目
プロフィール

boosterbrain